グローバル市場版福岡新聞

大福岡経済ビジネス新聞と福岡のど真ん中から記事をお伝えしております

中国恒大集団破綻の悪影響は計り知れなく大きいと言う事

中国恒大集団エバーグランデのドル建て債券について

利回りを払うか?払わないか?注目されていたが払われた様子である

払うならばサッサと期日までに払って仕舞えば良かったのに何故ギリギリまで払わなかったのだろうか?と皆様は感じなかっただろうか?

恒大集団の財務状況や中国国内の金融状況が相当に悪い事や

デフォルトが現実的なものだと仮定した話が

中国国内で共産党系含む金融担当者たちが支払わない「デフォルト」をシミュレーションした事により

その後のデフォルトした中国の状況がどうなるか?も

上層部は分かったみたいだし

しかし中国不動産市場は借りたカネの利払いの予算に限界がある事も

私達は感じたと思う

 

騒ぎが発生し払われた事によって

余計な「まずくて弱い中国」の現状を中国はグローバル市場に伝えてしまったのだ

中国恒大集団デフォルトによって金融市場がパニックを起こす事と、中国不動産市場の現状は崩壊寸前であり、崩壊したら中国の経済状況がパニックを起こすことは勿論

世界の金融市場が崩壊する事が払われた事により分かってしまった

中国にスタグフレーションとインフレ突入のスイッチが存在する事が明らかになったし

彼らがデレバレッジのスイッチを持っている事も明らかになった